妄想クッキング
[11.The Story of Little Babajiのパンケーキ](1/12)
主役はバターです。
「The Story of Little Babaji」とは、一時期絶版していた、「ちびくろサンボ」の改訂版です。


この絶版時には、差別?差別じゃないと、物議を醸し出していたけど。私は差別派、と言うより「不適切なタイトル」派に一票かな。


 だって、例えば「little yellow taro」=「ちびきいろタロウ」ってタイトルで、出っ歯で黒縁眼鏡をかけて、首からカメラを提げた(アメリカ人の日本人のイメージ=出っ歯・黒縁眼鏡・首からカメラ)日本人の少年が魚を大量に釣って家に持って帰って、芸者の格好をしたお母さんとサムライの父親と、寿司を何百個も食べる絵本があったら、日本人は何と思うだろう?


「あぁ、愉快。ちびきいろとか言われてるけど、ストーリーは差別的じゃなくね?マジ名作だよ!」と笑えるだろうか。


笑える人は、余りにも自尊心が足りないと思う。自尊心は厄介だけど、少しは持った方がいいです。







- 108 -
前n[*][#]次n

/128 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]