妄想クッキング
[4.赤毛のアンのタフィー](1/9)
失敗してもいいんです。
実は私の「赤毛のアン」アニメデビューは本当に遅く(家が厳しくて観ていいテレビが限られていたので)、小説が最初になるんです。


私もちょっと空想癖のある子供だったので、激しくアンに共感しました。


 アニメだとそうでもないですが、赤毛のアンの小説版には、本当に沢山のお菓子や料理が出てきます。


 有名なところだと、木苺水とかプラムケーキ。プラムプティングとカスタードソース。


そうそう、カスタードソースの中で、ネズミが死んでた奴ですよ。


あのソースは、蒸した暖かいプラムプティングの上にかける予定でした。







- 29 -
前n[*][#]次n

/128 n

⇒しおり挿入

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook


[←戻る]