メガンテ
[18](12/14)

「最終的には俺の可愛い美幸ちゃんに、良い思いをさせてる計画だからさ」


根本の言葉を信じても良いのか。


「美幸?久しぶり!どうしてた?」


未央に電話すると、何も警戒することなく明るい声を張り上げた。


「うん、転職したし、ちょっとバタバタしてた」


「転職!?そうなんだ。美幸も大変だったよね。頑張ってね」


「う、うん」


私は未央に同情され、励まされるような人間に成り下がったのだろうか。


「未央の方こそ、大変だったじゃない!セサミブック倒産してさ」


「なんか、出版点数増やす為に、原稿料の支払いを後回しにして執筆依頼だけをじゃんじゃんしてたみたいでさ。それに引っかかったみたいだよ。でも、結局本が出版されたって、原稿料も支払わなかったんだろうし。その前に分かって良かったかも」







- 163 -
前n[*][#]次n

/323 n

⇒しおり挿入

⇒モバスペ脾ook


[←戻る]