メガンテ
[7](8/8)

「入院?へー。御花畑未央も、やっと入院か。ところで統合失調症ってなんですか?」


電話をすると、意外にも松山は暢気な口調で切り返した。


「そうですね。精神病のミックスとでも言えば良いのかな」


「そっかー」


「ショックじゃないんですか?書籍化の話とか、平気なんですか?また、上司に怒られるんじゃないですか?」


「あ……、どうしようかな。これ、神無月さんに言って良いか迷うなー。だって、神無月さんは銀行の人だしなー。あのぉ、俺、ヘッドハンティングされたんです。正確には、されたのは部長なんですけど。俺はくっついて行くだけで。だから、フレンドノベルの書籍化なんて、どうでも良いんですよ。あ、転職は神無月さんのアドバイス通り、住宅ローンの融資実行後にしますからねー」


「どちらに行くんですか?」


「セサミブックスです」


携帯小説の書籍化を、大々的にやっている出版社だった。


「それは、おめでとうございます」


「あぁー、やっとこれで、フレンドノベルから解放される!ケータイ小説なんか必死で書いてる馬鹿共から解放される!これで御花畑未央の書籍化は無しでしょうねー!すっきりしたー」


電話の相手がその馬鹿であることを、松山は知らない。










- 37 -
前n[*][#]次n

/323 n

⇒しおり挿入

⇒モバスペ脾ook


[←戻る]